輸入車の豆知識

輸入車の維持費用について

輸入車の維持費用について

中古車で輸入車を購入する際、やはり一番気になるポイントは維持費用ではないでしょうか。ただ、「輸入車だから」すなわち、国産車や新車だったら要らない費用で必ずかかる費用というのはありません。ただ、部品交換の必要が発生した場合、往々にして国産車のパーツよりも高価であるということは覚えておいていただきたいです。国生産よりは少数派のクルマのパーツを海外から輸入し、在庫しているのです。普通に考えていただいても、高くなってしまう条件はそろっています。しかし、最近ではメンテナンスパックが用意されていたりして、高年式車であれば、それを保証と一緒に継承できるケースもあります。また、どうしても必要なのか、どういったときにどういうパーツを交換する必要が出てくるかか、そういっためぼしが付いているのかどうかも是非お店の方に聞いてみましょう。もちろん予見できないこともあるでしょう。しかし、わかっていることであれば心づもりもできますね。何か有った場合は修理代が多少高い場合もありますが、それでも乗ってみたい、そう思わせる魅力があるのも中古輸入車の特徴といえるでしょう。
車種によって多少増減はありますが(それこそショップにめぼしを問い合わせていただいたほうがいいでしょうが)参考で申し上げますと、年間30万円ほど、クルマのために拠出できる予算があると、とりあえずは安心だと思います。憧れのクルマとじっくり向き合う、そうするとクルマが応えてくれる。そんな関係が築けるのが中古輸入車の魅力ではないでしょうか。一気に全部リフレッシュではなく、少しずつ仕上げていくと楽しみも増えますし、急激な出費を抑えることができます。

購入時のチェックポイント
もし、憧れの一台にめぐり合えたとしましょう。はやる気持ちも理解はできますが、すぐに契約してはいけません。しっかりチェックをしていただきたいのです。何をチェックするか。「今後のカーライフを共にできるクルマなのか」というチェックを入れていただきたいのです。そうすれば、必ずしも中古輸入車は、ハードルが高いものではないのです。

購入時のチェックポイント

輸入車のメンテナンスについて
国産車に乗りなれていると、メンテナンスというものが必要であることすら忘れてしまう方もいらっしゃるでしょう。そういうものと比べればメンテナンスは必要です。ただそれは面倒なのではなく、クルマに乗るものとして「当然のこと」であるとお考えいただきたいのです。これはクルマに「手を焼く」のではなく「クルマに向き合う」ということ。クルマはきっと気持ちを向けて愛情を注げばそれに応えてくれるでしょう。まずはこんなことを気にしてみてはいかがでしょうか。

輸入車のメンテナンスについて

輸入車のカスタム・ドレスアップ
せっかくの輸入車です。とっておきのエアロパーツでよりスタイリッシュに、多くの人の乗っている同じモデルと更なる差別化を図りたい。そういう方もいらっしゃるかもしれません。そこでの注意点についてご紹介しております。みなが憧れるもの、という点ではブランド品のバッグなどと同じ状況があるのかもしれません。注意しておいていただきたい点です。

輸入車のカスタム・ドレスアップ

輸入車を売却する場合の相場感
「ベンツは売るときも高い」という意見は果たして本当でしょうか、ある意味では本当ですがある意味においてはそうでもないかもしれません。もともと高価で需要も多いメルセデス・ベンツは比較的輸入車としては高い査定金額が出やすいといわれております。そんな輸入車を取り巻く市場、輸入車を販売する際の傾向をご紹介しております。こういう事情を知っておくのと知らないでいるのでは、クルマに注ぐ愛情の量も質も心持ちも変わってくるかもしれません。売るために買う方は少数でしょう。是非憧れの一台を入手したら気持ちよく乗って、納得いくお乗換えされることを望むばかりです。

輸入車を売却する場合の相場感