輸入車の豆知識

中古輸入車の魅了

中古輸入車の魅了

旅行に行くならどこに行ってみたいですか?ときかれたら皆さんはどこを挙げますか?逆に今まで行ったことのある場所で印象に残っている場所を挙げなさい。そう聞かれたらどこを挙げるでしょうか。はるか1万キロのかなた、異国の地の景色に憧れるでしょう。懐かしいでしょう。そんな異国への想い、それが車庫に収まっている。駐車場で私を待っている。そういうことこそ輸入車に乗ることの本質だと想うのです。また乗ると乗らないとでは大違い、ということもあります。ドアを開けるためにドアノブを握った瞬間、見た目はそっけないシートに腰をおろしてみたその時、エアコンが回り始めたその後で、日本車だとそうはならないよね、という感覚に見舞われることも。それもまた輸入車に乗ったときの新鮮な驚きだったりするものです。そういうつくりの一つ一つに生まれた国の風土や文化、設計図を引いた人がチーズとワインで過ごしている人か、ソーセージとビールで過ごしている人か、お味噌汁を毎朝飲んでいるかで、やはり同じにはならないなあ、ということがクルマに乗ってもなんとなくわかるものです。
北欧のクルマはシートヒーターの利きがよくて、手袋をはめたまま押せる出っ張りの大きいボタンだったり。イメージ先行で解釈しすぎてしまうことも中にはありますが。いずれにしても日本にいながらにして異国の地を感じることができる。異文化に触れることができる。いつもの日常が、憧れのかの地での暮らしのようになる。そう考えると、身近な割りにとても楽しいことだと思いませんか?ディーラー網も整備されておりますし、並行輸入車ですら最近はネットショップでパーツもさほど入手困難でなくなってきております。クルマは「何台も持てるわけではないし・・・」「最近は給料も下がってしまったので・・・」だからこそ、これは国産車か輸入車かという問題ではなく、「制限を設けず、心惹かれる一台」を手に入れてみませんか?気持ちが解き放たれると、心も軽やかになるというもの。もしかするとハードルが高いと思っておられる方もいらっしゃるかもしれませんが、輸入車も選択肢にして、まずはクルマ選びそのものを素敵なものにしてみてはいかがでしょうか?

中古輸入車の分類
最近では皆様の周りでも輸入車に乗っている人は案外多いのではないでしょうか。輸入車とはいってもマニア向けの少量輸入のクルマばかりではなく、日本の市場をしっかり見据えて、国産車並みの維持費、サポート体制、車両価格としても国産車並みの価格帯のクルマも多数存在しています。それは中古車になっても維持のしやすさは国産車と大差ないものも多いのです。憧れのクルマも案外手の届く存在かもしれません。

中古輸入車の分類

中古輸入車の注意点
中古輸入車となると、なにか特別気をつけなくてはならないのでしょうか?あるいはまったく国産車に乗るかのように特別な気遣いはいらないのでしょうか。強いて言えばその両方だといえるかもしれません。最近では輸入車もさほど故障しなくなりましたし、国産車以上にしっかりと定期的に動かさないとかえってクルマのためによくなかったりします。日本人とは違う国の人が、異なる風土の中で作ったクルマ、それだけは覚えておいたほうがよいかもしれません。注意点についてご紹介しております。

中古輸入車の注意点

中古輸入車の探し方
とっておきの一台、中古輸入車はどう見つけるか。ここは是非こだわって探していただきたいです。アンテナを張り巡らせていただきたいです。すぐに見つかればいいのですが、そうとばかりも行きませんので。ではクルマ探しをする際はどう探したらよいでしょう。それについてご紹介しています。妥協しないで下さい。納得して選んでいただきたいのです。そのためにこんなことをしてみてはいかがでしょうか。

中古輸入車の探し方

中古輸入車の相場感
中古輸入車は高いのか安いのか。もちろん比較の問題ですし、考え方の問題でしょうが。ただ「どうしてそうなっているのか」は知っておいていただいてよいのではないでしょうか。新車ではないということと、その金額の決まる理由を少し頭に入れておくと、賢い選択であることがまずお分かりいただけるのではないでしょうか。安いのには理由があります。その理由が納得できるものであれば、積極的に中古輸入車を選んでいただけるのではないでしょうか。

中古輸入車の相場感