輸入車の豆知識

輸入車を売却する場合の相場感

輸入車を売却する場合の相場感

輸入車を売却するのは苦労するのか?別に特殊なことはありません。国産車同様に通常の買取店や中古車店で、査定・買取してもらうことが可能です。ただ心構えとして胸にとどめておいたほうがいいことはあります。それは同じくらいの価格帯で中古車として販売されている国産車と比べ、買取り金額が安い可能性がある。ということです。一般に輸入車の中古車は国産車よりも高利潤な傾向にあります。その理由として挙げられるのが、在庫期間が長くなりがちであるということです。国産車と輸入車で、需要が多いのはやはりどうしても国産車になるでしょう。一方、輸入車はすぐに売れる場合も有りますが、在庫期間が長くなる可能性もあるのです。そうなると、一台の利幅を大きくしないと在庫リスクを吸収できないというもともとの事情があるのです。また中古車として店頭に並べるまでの商品化コストも相対的にかかります。整備して部品をあらかじめ交換しておく場合、国産車と比べるとかさんでしまうこともあるでしょう。コストもかかる。在庫リスクも考慮。利幅が国産車よりも多めに設定されているのはそういった理由があるのです。ですので同じ価格帯で販売されている国産車と比べ相場としては低めの査定結果になるのです。
しかしながら、これはあくまで相場の話。相場は一般的な傾向を示しているに過ぎず、コストや、「どれだけ需要があるか」も含めての流通事情から形成されるものです。輸入車の場合、ここから外れる場合が国産車以上に起こりうる事も、是非覚えておいていただきたい点です。相場を形成するほど流通していない、現存していないクルマで、需要も無いようなクルマであっても、少数ながら根強く欲しいという人がいれば、そういう情報を持っているショップでは積極的に買取をしてくれるケースもあり得るでしょう。買取店に行くと、説明の中で「欲しいお客様がいらっしゃれば・・・」というような話が出るかもしれません。そういうことで顕著に条件に差が出る可能性は輸入車のほうが高いといえます。これに関しても、大手より専門ショップの方が確実に高いかといえばそうとも限りません。大手ならではの、注文をもらっているケースもあるでしょうし、専門店であっても基本的に安く仕入れたいという希望は持っていて当然なのですから。ですからもし時間にも余裕があるのでしたら、輸入車こそ、一般論で勝手に決めつけず、いろいろなショップ・買い取り業者に相談してみることをおススメします。そうしたら金額的な面だけでなく、「こういう人にこのクルマは任せたい」というお店のスタッフの方との出会いが見つかるかもしれません。

購入時のチェックポイント
もし、憧れの一台にめぐり合えたとしましょう。はやる気持ちも理解はできますが、すぐに契約してはいけません。しっかりチェックをしていただきたいのです。何をチェックするか。「今後のカーライフを共にできるクルマなのか」というチェックを入れていただきたいのです。そうすれば、必ずしも中古輸入車は、ハードルが高いものではないのです。

購入時のチェックポイント

輸入車のメンテナンスについて
国産車に乗りなれていると、メンテナンスというものが必要であることすら忘れてしまう方もいらっしゃるでしょう。そういうものと比べればメンテナンスは必要です。ただそれは面倒なのではなく、クルマに乗るものとして「当然のこと」であるとお考えいただきたいのです。これはクルマに「手を焼く」のではなく「クルマに向き合う」ということ。クルマはきっと気持ちを向けて愛情を注げばそれに応えてくれるでしょう。まずはこんなことを気にしてみてはいかがでしょうか。

輸入車のメンテナンスについて

輸入車の維持費用について
昔は「外車」なんて申しまして、自慢したし、周りの人は斜めに捉えたりした面もあったでしょう。税制面でも大きなクルマ、贅沢なクルマの要素を含むと、物品税なるものが半ばペナルティのように課せられたといいます。しかし今は排気量や重量で税金は決定されます。パーツが高いという点も、国産の軽自動車やコンパクトカーよりは明らかに高価ですが、ワールドワイドな走りを味わった後に同じ不平不満を言うかというとたぶん感じないと思います。また目をかけてあげると出費も分散できるでしょう。是非クルマに興味を持って接してあげましょう。そうすればそうそう維持する上で「輸入車だから持ち堪えられない」ということは起こりにくいのではと思われます。

輸入車の維持費用について

輸入車のカスタム・ドレスアップ
せっかくの輸入車です。とっておきのエアロパーツでよりスタイリッシュに、多くの人の乗っている同じモデルと更なる差別化を図りたい。そういう方もいらっしゃるかもしれません。そこでの注意点についてご紹介しております。みなが憧れるもの、という点ではブランド品のバッグなどと同じ状況があるのかもしれません。注意しておいていただきたい点です。

輸入車のカスタム・ドレスアップ