輸入車の豆知識

中古輸入車の分類

中古輸入車の分類

皆さんは輸入車というとどんなことを思い浮かべますか?「高級なイメージ」「高そう」「外国の香り」「性能がよさそう」「故障しないかしら」「維持費が心配」・・・などなどさまざまなことを思い浮かべるかもしれません。これらに共通していることがあります。それは、「輸入車は『国産車ではない』」ということなのです。当たり前のことを、と思われるかもしれませんが、上のイメージもすべてベースはここに行き着くのではないでしょうか。わざわざ外国から運んでくる「舶来」のクルマのある暮らし、いかにも高級感がありますね。そうしてわざわざ運んでくるのですから、コストもかかるでしょう。ちょっとした、デザインの手法一つとっても、日本人の感覚とは微妙に違うかもしれません。自動車はヨーロッパで生まれました、やはりノウハウもありますから、性能も一枚上手かもしれません。しかしながら、気候一つとっても、日本は蒸し暑い国、外国製のクルマは大丈夫でしょうか?またそうなった時、直せるお店も少なくて、部品も輸入してくるとなると、高くて、時間もかかるのでは・・・もろもろの心配も含め、すべては「国産車ではない」ことが影響する不安に違いありません。しかし、これは裏を返せば、「機能としての『クルマ』以上の何かを、輸入車ならばもたらしてくれるのではないか」そんな期待や、憧れがあるが故のことだと思うのです。輸入車を選ぶいうことは、機能としての「クルマ」の、その先を選ぶということに違いありません。

ですから、求めるものもさまざまでしょう。ある人は国産車と比べてなんかよさそう、と思って選ぶかもしれません。ある人は普段のアシとして。ある人は、骨董品を愛でる様に。ある人は、ファッションとして、仕様をこだわり抜いて。洋服でいえば「つるしではない」こういうことも大切ですね。求めるものが違えば、販売方法もさまざまです。メーカーが直接輸入してアフターフォローまで国産車に負けないクオリティを保って販売される「ディーラー車」。日本では販売されていないクルマを、多少手間がかかっても個人でチョイスして、輸入する「並行輸入車」。もちろん国内では中古車としても輸入車がありますが、海外で売られている中古車を個人的に輸入する「中古並行車」などさまざまな方法があるのです。中古車で選ぶ際ももともと新車時にディーラー車だったか、並行輸入車だったか、中古車として輸入されたクルマか、さまざまな違いがあるのです。そんないろいろな外国で作られたクルマを選ぶ上で共通しているのは、クルマ選びを通して、「圧倒的に自由」ということをアピールできる、という点ではないでしょうか。

中古輸入車の魅了
輸入車は外国の市場を見据えた、外国の目線で開発されています。道具としてのクルマであるという点ではなんら日本車と変わりませんが、そのデザイン、細かい機能、性能(パワーの出方、プロセス)コストバランスなど日本車にはない価値、日本車とは違う方法論で作られていたりするのです。それはまるで「異文化交流」をするかのよう。また日本車が今のように安価に高性能なものになる以前から、先行して作っていた、憧れのブランドもいまや比較的身近な存在になっています。日常に外国のテイストを選ぶ。是非一度中古輸入車で体験していただきたい魅力についてご紹介しております。

中古輸入車の魅了

中古輸入車の注意点
中古輸入車となると、なにか特別気をつけなくてはならないのでしょうか?あるいはまったく国産車に乗るかのように特別な気遣いはいらないのでしょうか。強いて言えばその両方だといえるかもしれません。最近では輸入車もさほど故障しなくなりましたし、国産車以上にしっかりと定期的に動かさないとかえってクルマのためによくなかったりします。日本人とは違う国の人が、異なる風土の中で作ったクルマ、それだけは覚えておいたほうがよいかもしれません。注意点についてご紹介しております。

中古輸入車の注意点

中古輸入車の探し方
とっておきの一台、中古輸入車はどう見つけるか。ここは是非こだわって探していただきたいです。アンテナを張り巡らせていただきたいです。すぐに見つかればいいのですが、そうとばかりも行きませんので。ではクルマ探しをする際はどう探したらよいでしょう。それについてご紹介しています。妥協しないで下さい。納得して選んでいただきたいのです。そのためにこんなことをしてみてはいかがでしょうか。

中古輸入車の探し方

中古輸入車の相場感
中古輸入車は高いのか安いのか。もちろん比較の問題ですし、考え方の問題でしょうが。ただ「どうしてそうなっているのか」は知っておいていただいてよいのではないでしょうか。新車ではないということと、その金額の決まる理由を少し頭に入れておくと、賢い選択であることがまずお分かりいただけるのではないでしょうか。安いのには理由があります。その理由が納得できるものであれば、積極的に中古輸入車を選んでいただけるのではないでしょうか。

中古輸入車の相場感