輸入車の豆知識

中古輸入車購入のポイント

一言で中古輸入車といってもさまざまなクルマが存在します。どういうものがあるかというご紹介はもちろん、「国産車とは特別何か違うチェックポイントはあるのか」「輸入車の魅力とはどういうものか」「中古車の輸入車はどうしてあんなに新車と値段が違っているか」そういったことの理由をご説明します。

中古輸入車の分類

最近では皆様の周りでも輸入車に乗っている人は案外多いのではないでしょうか。輸入車とはいってもマニア向けの少量輸入のクルマばかりではなく、日本の市場をしっかり見据えて、国産車並みの維持費、サポート体制、車両価格としても国産車並みの価格帯のクルマも多数存在しています。それは中古車になっても維持のしやすさは国産車と大差ないものも多いのです。憧れのクルマも案外手の届く存在かもしれません。

中古輸入車の魅了

輸入車は外国の市場を見据えた、外国の目線で開発されています。道具としてのクルマであるという点ではなんら日本車と変わりませんが、そのデザイン、細かい機能、性能(パワーの出方、プロセス)コストバランスなど日本車にはない価値、日本車とは違う方法論で作られていたりするのです。それはまるで「異文化交流」をするかのよう。また日本車が今のように安価に高性能なものになる以前から、先行して作っていた、憧れのブランドもいまや比較的身近な存在になっています。日常に外国のテイストを選ぶ。是非一度中古輸入車で体験していただきたい魅力についてご紹介しております。

中古輸入車の注意点

中古輸入車となると、なにか特別気をつけなくてはならないのでしょうか?あるいはまったく国産車に乗るかのように特別な気遣いはいらないのでしょうか。強いて言えばその両方だといえるかもしれません。最近では輸入車もさほど故障しなくなりましたし、国産車以上にしっかりと定期的に動かさないとかえってクルマのためによくなかったりします。日本人とは違う国の人が、異なる風土の中で作ったクルマ、それだけは覚えておいたほうがよいかもしれません。注意点についてご紹介しております。

中古輸入車の探し方

とっておきの一台、中古輸入車はどう見つけるか。ここは是非こだわって探していただきたいです。アンテナを張り巡らせていただきたいです。すぐに見つかればいいのですが、そうとばかりも行きませんので。ではクルマ探しをする際はどう探したらよいでしょう。それについてご紹介しています。妥協しないで下さい。納得して選んでいただきたいのです。そのためにこんなことをしてみてはいかがでしょうか。

中古輸入車の相場感

中古輸入車は高いのか安いのか。もちろん比較の問題ですし、考え方の問題でしょうが。ただ「どうしてそうなっているのか」は知っておいていただいてよいのではないでしょうか。新車ではないということと、その金額の決まる理由を少し頭に入れておくと、賢い選択であることがまずお分かりいただけるのではないでしょうか。安いのには理由があります。その理由が納得できるものであれば、積極的に中古輸入車を選んでいただけるのではないでしょうか。

中古輸入車の維持管理

輸入車を中古で購入する方法、維持する際の注意点、自分だけの一台に仕上げる方法。最後に売却(車買取)に出す際のポイントなどご紹介します。これを読んだ上で、憧れや目標に従って、お目当てのクルマ探しを楽しんでください!

購入時のチェックポイント

もし、憧れの一台にめぐり合えたとしましょう。はやる気持ちも理解はできますが、すぐに契約してはいけません。しっかりチェックをしていただきたいのです。何をチェックするか。「今後のカーライフを共にできるクルマなのか」というチェックを入れていただきたいのです。そうすれば、必ずしも中古輸入車は、ハードルが高いものではないのです。

輸入車のメンテナンスについて

国産車に乗りなれていると、メンテナンスというものが必要であることすら忘れてしまう方もいらっしゃるでしょう。そういうものと比べればメンテナンスは必要です。ただそれは面倒なのではなく、クルマに乗るものとして「当然のこと」であるとお考えいただきたいのです。これはクルマに「手を焼く」のではなく「クルマに向き合う」ということ。クルマはきっと気持ちを向けて愛情を注げばそれに応えてくれるでしょう。まずはこんなことを気にしてみてはいかがでしょうか。

輸入車の維持費用について

昔は「外車」なんて申しまして、自慢したし、周りの人は斜めに捉えたりした面もあったでしょう。税制面でも大きなクルマ、贅沢なクルマの要素を含むと、物品税なるものが半ばペナルティのように課せられたといいます。しかし今は排気量や重量で税金は決定されます。パーツが高いという点も、国産の軽自動車やコンパクトカーよりは明らかに高価ですが、ワールドワイドな走りを味わった後に同じ不平不満を言うかというとたぶん感じないと思います。また目をかけてあげると出費も分散できるでしょう。是非クルマに興味を持って接してあげましょう。そうすればそうそう維持する上で「輸入車だから持ち堪えられない」ということは起こりにくいのではと思われます。

輸入車のカスタム・ドレスアップ

せっかくの輸入車です。とっておきのエアロパーツでよりスタイリッシュに、多くの人の乗っている同じモデルと更なる差別化を図りたい。そういう方もいらっしゃるかもしれません。そこでの注意点についてご紹介しております。みなが憧れるもの、という点ではブランド品のバッグなどと同じ状況があるのかもしれません。注意しておいていただきたい点です。

輸入車を売却する場合の相場感

「ベンツは売るときも高い」という意見は果たして本当でしょうか、ある意味では本当ですがある意味においてはそうでもないかもしれません。もともと高価で需要も多いメルセデス・ベンツは比較的輸入車としては高い査定金額が出やすいといわれております。そんな輸入車を取り巻く市場、輸入車を販売する際の傾向をご紹介しております。こういう事情を知っておくのと知らないでいるのでは、クルマに注ぐ愛情の量も質も心持ちも変わってくるかもしれません。売るために買う方は少数でしょう。是非憧れの一台を入手したら気持ちよく乗って、納得いくお乗換えされることを望むばかりです。

人気の中古輸入車

人気の輸入車をご紹介します。生まれた国も違えば、歩んできた歴史も違う輸入車。メーカーごとに注目していただきたいポイント、中古車で購入する場合のおすすめ情報、注意点などをご紹介しています。

輸入車の売却方法

輸入車を取り巻く市場の状況から、何か手続き上の違いはあるのでしょうか。結論としてはありません。ただ、こんなことに注意していただくと比較的よい条件で売却していただけるかもしれません、ということをご紹介しております。ついついクルマ(車両本体)に意識が行きがちですが、こういったものも含めてクルマなのだということです。輸入車って少し不便、ということかもしれませんが、ありふれていないことが魅力でそれが故の事情です。手放すまで、素敵なカーライフにしていただきたいと思います。

メルセデスベンツ

いわずと知れた世界を代表する高級車ブランド。中古車選びでメルセデスほどバリューな選択肢もないでしょう。新車だと羨望半分揶揄半分というような面も、場合によっては無きにしも非ず。ですが中古車なら価格も下がりますし、型落ちモデルなどを選べば、ほほえましいカジュアルさすらも備えています。レジャーから冠婚葬祭までこなす万能選手なのです。でも「上がりのクルマ」?いえいえ、思い立ったら吉日。メルセデスから始まるカーライフも素敵だと思いますよ。

BMW

バイエルンの黒い森を駆け抜ける風のように…どうしてもBMWのことを思うと陶酔の境地に入ってしまうのです。ドイツ車ながらどこか隅に置けない香りはまるでラテンのクルマのよう。軽やかに、重厚に。風光明媚な日本の道もひらりと駆け抜けていくのです。信頼性も比較的高く、低走行距離のクルマも多い日本は、BMWの中古車を選ぶには実にすばらしい環境を備えているといってもいいでしょう。「BMWなんて贅沢かしら」あなたが迷っているあのコンパクトカーの新車よりも安かったりして。是非比較検討のテーブルに載せてみてください。

フォルクスワーゲン

世界が認める実用車のブランド、フォルクスワーゲン。7代目のゴルフは日本で始めて、輸入車として日本カーオブ ザイヤーを受賞。名実共に日本人にとって、もっとも身近な輸入車の一台ではないでしょうか。一見そっけなさもあるかもしれませんが、扱いやすさ、乗りやすさは乗り手を選びません。スポーツカーのよう、ではないですがクルマの挙動や姿勢が把握しやすいステアリングなど、基本をしっかり押さえたクルマ造りは一朝一夕でなせる技ではありません。フォルクスワーゲンはおススメしやすい、信頼性の高い、価値のある輸入車といえるのではないでしょうか。

プジョー(PEUGEOT)

どちらかというとマイナーなラテンのクルマの中で、プジョーは大変よく見るようになりました。プジョーにはフランスの日常が染み付いているかのようです。決して贅沢としての輸入車ではなく、彼の地の雰囲気を日本で味わえるということ。しかしフランス車の実用グレードの底力は、本当は日本車のそれを大きく引き離すほど。日常のお買い物から、長距離のドライブまで難なくこなすプジョーの底力、ぜひとも一度ご堪能ください。